SHINKA’s houseSHINKAの家 (和建設の注文住宅)

家族の幸せを育む SHINKAの家づくり

SHINKAの家は既成のプランから選ぶのではなく、住み手と共に家族の幸せをつくり上げていく。そんな細やかなオーダーメイドを可能にする家づくり。気持ちいい家ってどんな家だろう。自然素材に包まれた空間?それとも、広いリビングや快適な設備・装備?そうした「モノ」の気持ちよさはもちろん、それ以上に暮らす人と人・家族との関係の気持ちよさを大事にし、家族が幸せに過ごせる家づくりを目指しているのがSHINKAの家です。
ハウスメーカーの多くは、予算・間取り・設備など希望に応じて進めるのが主流ですが、和建設は対照的で「家づくり羅針盤」というアンケートから住み手のライフスタイルを知り、話し合いも重ねながら家族の将来像を描き出す細やかな対応でオーダーメイドの家づくりを基本としています。このプロセスにじっくり時間をかけて、これからの「リアルな生活シーン」を想い浮かべながら真摯な家づくりを体感してもらい、住み手に寄り添う家づくりを提案します。

家族の心をつなぐ
「DKリビング発想」

SHINKAの家の発想は、ダイニングキッチン(DK)を家の中心に配置する「DKリビング発想」の家をご提案しています。それは、家の中心にDKがあることで常に家族が自然に集まり、会話が生まれ、お母さんはいつも家族を見守ることができ、子どもは自然にお母さんとふれあうことで大切な時を一緒に過ごすようになります。「DKリビング発想」は家族の幸せづくりに大切な提案の1つです。

美しく見える秘密は
「デザインへのこだわり」

美しいデザイン、シンプルで魅力あふれるデザインとして認めていただくために、たくさんのデザイン上の工夫と配慮が隠されています。それは美しく見せる、気持ちよく感じられるために、収まりをいかに美しく磨き上げるかといったこだわりです。インテリア・建材などの色数を少なく、できるだけモノの形や色を統一した変化が少ない空間やシンプルで目移りしない空間ほど心地よく、落ち着く空間に仕上がります。SHINKAの家をご覧になる時には、ぜひ部屋の隅々を見てください。こんな小さなところにも、と思うような場所にさえ、デザイナーのこだわりが生かされていることに気付くでしょう。

シンプルな空間にこそ
収納計画が大事。
「壁面大収納発想」

住まいは限られた空間をいかに気持ちよく住まうかは収納が大切なポイントです。そのためには少しでもモノを部屋の中にあふれさせない工夫が必要になります。SHINKAの家は、できる限り壁面を収納にしています。シンプルで美しいと思える空間を感じて頂けるのは十分な収納計画とすぐに片付けができる配置と動線計画などの工夫と配慮から生まれる提案です。

News&Topicsお知らせ
お知らせ一覧
岡山で家を建てるための家づくりブログ
ブログ一覧
Contact us!
お気軽にお問い合わせください
0120-885-871